モナコイン上昇の秘密を探る

ここのところビットコイン以上に上昇が話題になっているのがモナコインの存在です。5月31日にコインチェックがモナコインの取り扱いを開始したのがきっかけになって大きく上昇していることがわかります。

まず取り扱い開始のニュースで上昇し、さらに実際に6月5日に上場した時点でさらに上昇し、一時750円を超える上昇となり上昇率は実に100%を超えました。

Data みんなの仮想通貨

足元では一旦価格が落ち着きを見せていますが、この先どうなるのかが非常に注目されるところです。

もともとそれほど大きな流動性が確保されていなかったモナコインはこうした報道で一気に人気を呼び需給バランスの中で買いがいきなり強まったことから大きく値を上げる動きとなったのはどうやら間違いのないところです。

ただ、逆に価格が大幅に上昇する局面では既存のホルダーが利益確定売りをした可能性が高く、価格は一気に下落する動きとなっています。

主力取引所への上場はアルトコインのいい利益拡大チャンス

今回のモナコインの上昇にはうまく乗ることができなかったことも多かったことと思いますが、一つ大きな参考になるのは、アルトコインの上場場所が増えることが流動性を高めることになり、大きく価格が上昇する可能性があるということです。

またいきなり流動性が高くなっても逆に利益確定する参加者が増えると沸騰したお湯をやかんからグラスに注いだとたんに下げ始めて急激に温度が下悪するように価格が下がるということで、こうした動きがでることは常に頭の中においておくことが重要になりそうです。

ある意味で多くのアルトコインに同様のチャンスが眠っていることがわかるわけで、常に情報のアンテナを広げておくことが利益機会につながることを改めて感じさせられる次第です。

また買いについていかれなかった場合も逆に高値で売ることで利益を確保するチャンスが生まれていることもよく理解できます。

今回の場合もっとも高値で売っていれば下手な買いを入れるよりも利益が出ているわけですから、チャンスは買いにも売りにもあることをしっかり認識することが重要です。

昨年はとにかく低迷一本やりの暗号資産市場でしたが、どうやら今年は折に触れて利益機会が増加しているようでうまいチャンスを見つければ驚くほど利益を出すことができるようになるのかもしれません。

またいわゆる仮想通貨FXで売りから攻めるということも大きなチャンスになってきていることを実感させられました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする